平手友梨奈がドラゴン桜でガリガリに?脱退理由は映画?

ドラゴン桜で、かっこいいバドミントンを披露する平手友梨奈さんですが、ガリガリになってしまったという噂があります。

 

 

元欅坂46でセンターを務めていた平手友梨奈さんの脱退理由は、映画だとも言われていますが実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

本当にドラゴン桜でガリガリに痩せてしまったのか?また、脱退した理由は映画なのかどうかとても気になりますね!

Sponsored Link  
 

平手友梨奈がドラゴン桜でガリガリと話題に!

ドラゴン桜で見る平手友梨奈さんは、ガリガリに痩せすぎだと感じる人が多いようです。特にアイドル時代を知る方たちは体型の変化に驚くことも多いでしょう。

 

 

元々スタイルがいいのですが、病的な痩せ方なのではと心配する声も多く聞きます。

 

 

 

ドラゴン桜ではトップバトミントン選手を演じていますが、ガリガリすぎてバドミントンが上手そうに見えないとも言われてしまっています。

 

 

確かに、アスリートは筋肉がついていることが多いですもんね!

 

 

 

平手友梨奈さんは、大人気アイドルの欅坂46第1期メンバーとしてデビューし、最年少にしてセンターを務めていました。

 

 

そのプレッシャーにより、当時はストレスが多かったと言われていますので、ストレスから解放で食欲が落ち着き、痩せたということも考えられますね!

 

 

 

また、アイドル時代に飲んでいたという噂の精神安定剤を飲むのをやめたため、むくみがなくなったからということも考えられます。

 

 

その他にも、2020年10月に公開された映画「さんかく窓の外側は夜」の出演に向けて、役作りのために痩せたとも言われています。

 

 

ストイックな人として有名なので、痩せたのは努力なのかもしれませんね!自己管理、さすがですよね!

平手友梨奈がドラゴン桜の役柄は

ドラゴン桜では、先ほども書いた通りバトミントンで有名な高校に通う高校生で、バトミントンにすべてをかけた岩崎楓という生徒を演じています。

 

 

バドミントンでオリンピックに出場することを目指して奮闘する選手役で、ドラマで実際にバトミントンをするシーンも出てきます。

 

 

また、大学推薦が掛かった大事な試合でペアとなった清野理恵と監督とのすれ違いなどが見どころの役柄です。

 

Sponsored Link


平手友梨奈のドラゴン桜の演技の評判は

平手友梨奈さん演じる岩崎楓が、バドミントンでオリンピックに出るために大学への推薦がかかった大事な試合に臨むも、

 

 

これまで隠してきた右足の痛みが悪化してしまったというシーンがあります!

 

 

ケガの復帰に2年はかかってしまうと言われ絶望するという設定で、迫真の演技をしたことに対し、ネット上では絶賛の声が上がっています!

 

 

欅坂46にて活躍していた時代に、『NHK紅白歌合戦』のパフォーマンス中に右腕を打撲して全治1カ月となったことや、

 

公演中にステージから落下するなど、何度もケガをしてきたそうです。

 

 

平手友梨奈さんとドラゴン桜での役柄には通ずるものがあることから驚きの声が多かったようです!

 

 

バドミントンをするシーンの撮影のために、2カ月も特訓したそうで、バドミントンのシーンの評判も絶賛です!

 

 

演技がうまいのはもちろんですが、自身の経験と重なるところがあるようですので、見る人を魅了する演技ができるのかもしれませんね!

 

これからの放送も楽しみですね!

平手友梨奈の脱退理由は映画?

残念ながら、平手友梨奈さんの脱退理由は正式には公表されていませんし、映画によるものかもわかってはいません。

 

しかし、急に脱退したので気になる方も多いですよね!それでは、脱退理由として挙げられていることについて解説していきます。

 

 

欅坂46の絶対的センターなので、運営からは、欅坂46の活動は平手友梨奈さんが中心となっていて、

 

 

他のメンバーにはあまり気をかけていなかった時期があったそうです。

 

 

それにより更にプレッシャーを感じてしまったのが理由、という意見がありました!

 

 

センターというだけでもプレッシャーが強いと思うので、運営からの対応が更にストレスとなってしまったのかもしれませんね…。

 

 

 

また、2017年6月に起こった、発煙筒事件が脱退理由だとも言われています。握手会の時に、男が発煙筒を開け、会場が煙に包まれたという事件がありました。

 

このようなことが自身の身に起こったため、トラウマになってしまったとも考えられます…。

 

Sponsored Link


平手友梨奈の映画は大コケって本当?

2018年9月14日に公開された映画「響 -HIBIKI-」は、人気漫画が原作の映画です。

 

欅坂46の絶対的エースが主演を務めるこの映画は、大コケだという噂もあります。

 

 

実際、公開から1週間が経ったころ、この映画は最終の興行収入10億円が難しい情勢だという分析がありました。

 

 

映画自体は大コケだったかもしれませんが、平手友梨奈さんの演技には称賛の声が上がっています!

 

 

 

平手友梨奈さん演じる主人公の特徴は、普段は感情を表に出さず、

 

 

奇態な行動で周りの人たちを驚かせるという設定なので、それが良く伝わる演技だと言われていますね!

 

 

さすが、演技がすごいですよね!

平手友梨奈の舌が割れてる理由は?

皆さんは、平手友梨奈さんの舌を見たことがありますか?

 

演技やダンスで舌を出すことがあると思いますが、舌が割れていると言われています!

 

 

舌をよく見てみると、先端の中央がパックリと大きく割れているのが分かります!

 

 

これが話題になったのは、2020年の7月3日に公開されたミスチルのMVのシーンで平手友梨奈さんが大きく舌を出したシーンです!

 

 

そのほかにも、インタビュー記事や行列のできる法律相談所(テレビ番組)でも舌を出すところが見受けられます!

 

これら全て、舌が割れているので、デマなどではなく、本当のようです。

 

 

 

なぜ舌が割れているのか公表はされていませんが、この特徴には生まれつきのものもあるそうです!

 

ハート舌と呼ばれていて、正式には舌小帯縮小症と呼ばれています。

 

 

舌小帯縮小症の人は巻き舌が難しく、平手友梨奈さんは巻き舌が苦手との情報があるので、この説はほぼ確定といってもいいかもしれませんね!

 

Sponsored Link


平手友梨奈はなぜ人気なの?

アイドルとして欅坂46で活躍していた時に人気だった一番の理由は、センターだったからと言われています。

 

センターだとテレビなどに取り上げることも多く、たくさんの人に知られるきっかけになりますね!

 

 

また、平手友梨奈さんは表現力にとても優れていて、人を惹きつけるパフォーマンスに興味を持つ人も多いのではないでしょうか?

 

 

更に、欅坂46を脱退してソロで活躍している現在、人気の理由は努力を惜しまないことだとも言われています!

 

 

ガリガリになってしまったということを書きましたが、そのことからも分かるようにとてもストイックで努力家な平手友梨奈さんを好きになる人は多いですよね!

 

 

 

また、パフォーマンスをするときには独特の雰囲気ですが、テレビなどで見る笑顔が可愛いと好評です!

 

 

そういったことも人気の理由なのかもしれませんね!

平手友梨奈の経歴・プロフィール

平手友梨奈さんは、2001年6月25日に愛知県に産まれました。血液型はO型、身長は163㎝とのことです。

 

 

2015年14歳で欅坂46結成時に一期生オーディションに合格し、愛称はてちとして、2020年1月まで欅坂46不動のセンターとして注目を集めました!

 

 

 

15歳でテレビドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」で女優デビューを果たし、そこから番組などにも出演し17歳で主演映画「響-HIBIKI-」で映画に初主演しました!

 

若いのに、活躍がすごいですよね!

 

 

 

アイドル時代は、不動のセンターとして絶賛されていましたが、そのプレッシャーにより欅坂46を脱退し、今はソロで幅広い活動をしています!

 

 

最近では、ドラゴン桜で圧巻の演技をし、多くの人から好評を得ています!

平手友梨奈がドラゴン桜でガリガリに?脱退理由は映画?まとめ

ドラゴン桜で圧巻の演技を見せる平手友梨奈さんはガリガリに痩せてしまったのか、

 

欅坂46脱退の理由は映画なのか、ということについて解説しました!

 

 

また、人気の理由や舌が割れている理由などについても、知っていただけたかと思います。

 

 

とてもストイックで努力家な人だということが分かりましたね!

 

 

アイドル脱退後も大人気の平手友梨奈さんは、表現力に優れていてこれからの活躍が更に楽しみですね!応援していきましょう!

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください